第3章 バッチ操作の実行

インタラクティブに、またはバッチファイルを使用して、グループで操作を処理します。

前提条件

  • Data Grid クラスターを実行中である。

3.1. ファイルを使用したバッチ操作の実行

一連の操作を含むファイルを作成し、それらを Data Grid CLI に渡します。

手順

  1. 一連の操作を含むファイルを作成している。

    たとえば、mybatch という名前のキャッシュを作成する batch という名前のファイルを作成し、キャッシュに 2 つのエントリーを追加して、CLI から切断します。

    $ cat > batch<<EOF
    create cache --template=org.infinispan.DIST_SYNC mybatch
    put --cache=mybatch hello world
    put --cache=mybatch hola mundo
    disconnect
    EOF
  2. CLI を実行し、ファイルを入力として指定します。

    $ bin/cli.sh -c localhost:11222 -f batch
  3. 新しい Data Grid CLI 接続を作成し、mybatch を確認します。

    [//containers/default]> ls caches
    ___protobuf_metadata
    mybatch
    [//containers/default]> ls caches/mybatch
    hola
    hello
    [//containers/default]> disconnect
    [disconnected]>
注記

CLI バッチファイルは、システムプロパティーの拡張をサポートします。${property} 形式を使用する文字列は、property システムプロパティーの値に置き換えられます。