4.6.3.5. フィッシング攻撃

JWT プロキシーの背後にあるサービスとホストを共有するワークスペースを使用してクラスター内に Ingress またはルートを作成できる攻撃者は、サービスの作成やとくに偽造された Ingress オブジェクトの作成が可能になる場合があります。このようなサービスまたは Ingress がワークスペースで以前に認証されている適切なユーザーによってアクセスされる際に、攻撃者は偽の URL への適切なユーザーのブラウザーが送信する cookie からワークスペースアクセストークンを盗むことができる可能性があります。この攻撃ベクトルを排除するには、Ingress のホストの設定を禁止するように OpenShift を設定します。