5.3. OpenShift 4 CLI ツールを使用した CodeReady Workspaces クラスターデプロイメントの状態の表示

本セクションでは、OpenShift 4 CLI ツールを使用して CodeReady Workspaces クラスターのデプロイメントの状態を表示する方法を説明します。

前提条件

  • OpenShift で実行している Red Hat CodeReady Workspaces のインスタンス。
  • OpenShift コマンドラインツール oc のインストール

手順

  1. 以下のコマンドを実行して crw プロジェクトを選択します。

    $ oc project <project_name>
  2. 以下のコマンドを実行して、選択したプロジェクトで実行されている Pod の名前およびステータスを取得します。

    $ oc get pods
  3. すべての Pod のステータスが Running であることを確認します。

    例5.1 ステータスが Running の Pod

    NAME                            READY     STATUS    RESTARTS   AGE
    codeready-8495f4946b-jrzdc            0/1       Running   0          86s
    codeready-operator-578765d954-99szc   1/1       Running   0          42m
    keycloak-74fbfb9654-g9vp5       1/1       Running   0          4m32s
    postgres-5d579c6847-w6wx5       1/1       Running   0          5m14s
  4. CodeReady Workspaces クラスターデプロイメントの状態を表示するには、以下を実行します。

    $ oc logs --tail=10 -f `(oc get pods -o name | grep operator)`

    例5.2 Operator のログ:

    time="2019-07-12T09:48:29Z" level=info msg="Exec successfully completed"
    time="2019-07-12T09:48:29Z" level=info msg="Updating eclipse-che CR with status: provisioned with OpenShift identity provider: true"
    time="2019-07-12T09:48:29Z" level=info msg="Custom resource eclipse-che updated"
    time="2019-07-12T09:48:29Z" level=info msg="Creating a new object: ConfigMap, name: che"
    time="2019-07-12T09:48:29Z" level=info msg="Creating a new object: ConfigMap, name: custom"
    time="2019-07-12T09:48:29Z" level=info msg="Creating a new object: Deployment, name: che"
    time="2019-07-12T09:48:30Z" level=info msg="Updating eclipse-che CR with status: CodeReady Workspaces API: Unavailable"
    time="2019-07-12T09:48:30Z" level=info msg="Custom resource eclipse-che updated"
    time="2019-07-12T09:48:30Z" level=info msg="Waiting for deployment che. Default timeout: 420 seconds"