9.3. CodeReady Workspaces Operator を使用した Image Puller のインストール

このセクションでは、CodeReady Workspaces Operator を使用して Image Puller をインストールする方法を説明します。これはコミュニティーがサポートするテクノロジープレビュー機能です。

前提条件

  • 「プルするイメージの一覧の定義」
  • 「Image Puller のメモリーパラメーターの定義」
  • Operator Lifecycle Manager および OperatorHub が OpenShift インスタンスで利用できる。OpenShift は、バージョン 4.2 以降のバージョンを提供します。
  • CodeReady Workspaces Operator が利用できる。https://access.redhat.com/documentation/en-us/red_hat_codeready_workspaces/2.6/html-single/installation_guide/index#installing-codeready-workspaces-on-openshiftt-4-using-operatorhub_crw を参照してください

手順

  1. CheCluster カスタムリソースを編集して .spec.imagePuller.enabletrue に設定します。

    例9.3 CheCluster カスタムリソースでの Image Puller の有効化

    apiVersion: org.eclipse.che/v1
    kind: CheCluster
    metadata:
      name: codeready-workspaces
    spec:
      # ...
      imagePuller:
        enable: true
    CodeReady Workspaces Operator を使用した Image Puller のアンインストール
    • CheCluster カスタムリソースを編集し、.spec.imagePuller.enablefalse に設定します。
  2. CheCluster カスタムリソースを編集し、.spec.imagePuller.spec を、 CodeReady Workspaces Operator のオプションの Image Puller パラメーターを設定できるように設定します。

    例9.4 CheCluster カスタムリソースでの Image Puller の設定

    apiVersion: org.eclipse.che/v1
    kind: CheCluster
    metadata:
      name: codeready-workspaces
    spec:
      ...
      imagePuller:
        enable: true
        spec:
            configMapName: <kubernetes-image-puller>
            daemonsetName: <kubernetes-image-puller>
            deploymentName: <kubernetes-image-puller>
            images: <{image-puller-images}>

検証手順

  1. OpenShift は {image-puller-operator-id} サブスクリプションを作成します。
  2. eclipse-che namespace には community supported Kubernetes Image Puller Operator ClusterServiceVersion が含まれます。

    $ oc get clusterserviceversions
  3. eclipse-che namespace には、kubernetes-image-puller および {image-puller-deployment-id} のデプロイメントが含まれます。

    $ oc get deployments
  4. コミュニティーがサポートする Kubernetes Image Puller Operator は KubernetesImagePuller カスタムリソースを作成します。

    $ oc get kubernetesimagepullers