7.4. メトリクス収集の有効化

前提条件

手順

Jaeger トレースを機能させるには、CodeReady Workspaces デプロイメントで以下の環境変数を有効にします。

# Activating CodeReady Workspaces tracing modules
CHE_TRACING_ENABLED=true

# Following variables are the basic Jaeger client library configuration.
JAEGER_ENDPOINT="http://jaeger-collector:14268/api/traces"

# Service name
JAEGER_SERVICE_NAME="che-server"

# URL to remote sampler
JAEGER_SAMPLER_MANAGER_HOST_PORT="jaeger:5778"

# Type and param of sampler (constant sampler for all traces)
JAEGER_SAMPLER_TYPE="const"
JAEGER_SAMPLER_PARAM="1"

# Maximum queue size of reporter
JAEGER_REPORTER_MAX_QUEUE_SIZE="10000"

次の環境変数を有効にするには、以下を実行します。

  1. CodeReady Workspaces デプロイメントの yaml ソースコードで、spec.server.customCheProperties に以下の設定変数を追加します。

    customCheProperties:
          CHE_TRACING_ENABLED: 'true'
          JAEGER_SAMPLER_TYPE: const
          DEFAULT_JAEGER_REPORTER_MAX_QUEUE_SIZE: '10000'
          JAEGER_SERVICE_NAME: che-server
          JAEGER_ENDPOINT: 'http://jaeger-collector:14268/api/traces'
          JAEGER_SAMPLER_MANAGER_HOST_PORT: 'jaeger:5778'
          JAEGER_SAMPLER_PARAM: '1'
  2. JAEGER_ENDPOINT の値を編集して、デプロイメントの Jaeger コレクターサービスの名前に一致するようにします。

    メインの OpenShift Container Platform 画面の左側のメニューから、Networking → Services に移動して JAEGER_ENDPOINT の値を取得します。または、以下の oc コマンドを実行します。

    $ oc get services

    要求された値は collector 文字列が含まれるサービス名に含まれます。

関連情報

  • カスタム環境プロパティーや、CheCluster カスタムリソースでの定義方法に関する詳細は、https://access.redhat.com/documentation/en-us/red_hat_codeready_workspaces/2.6/html-single/installation_guide/index#advanced-configuration-options-for-the-codeready-workspaces-server-component_crw を参照して ください
  • Jaeger のカスタム設定については、Jaeger クライアント環境変数の一覧を参照してください。