4.3.5. ソーシャルアカウントおよびブローカーを使用した認証の有効化

RH-SSO は、GitHub、OpenShift、および Facebook や Twitter などの最も一般的に使用されるソーシャルネットワークの組み込みサポートを提供します。GitHub でログインを有効にする方法については、RH-SSO ドキュメントを参照してください。

SSH キーを有効にし、これを CodeReady Workspaces ユーザーの GitHub アカウントにアップロードすることもできます。

GitHub アイデンティティープロバイダーの登録時にこの機能を有効にするには、以下を実行します。

  1. スコープを repo,user,write:public_key に設定します。
  2. ストアトークンと保存されたトークンを ON に設定します。

    kc provider
  3. デフォルトの read-token ロールを追加します。

    kc roles

これは、マルチユーザー CodeReady Workspaces のデフォルト delegated OAuth サービスモードです。OAuth サービスモードは、che.oauth.service_mode プロパティーを使用して設定できます。