7.6. CodeReady Workspaces トレーシングコードベースの概要および拡張ガイド

CodeReady Workspaces のトレース実装のコアの部分は、che-core-tracing-core および che-core-tracing-web モジュールにあります。

トレース API へのすべての HTTP 要求には独自のトレースがあります。これは、サーバーアプリケーション全体にバインドされる OpenTracing ライブラリー から TracingFilter で実行されます。@Traced アノテーションをメソッドに追加すると、TracingInterceptor はトレーススパンを追加します。

7.6.1. タグ付け

スパンには、操作名、スパンの起点、エラー、およびユーザーのスパンのクエリーやフィルターに役立つその他のタグなど、標準のタグが含まれる場合があります。ワークスペース関連の操作(ワークスペースの開始または停止など)には、userIdworkspaceIDstackId などの追加のタグが使用されます。TracingFilter によって作成されたスパンには、HTTP ステータスコードタグもあります。

トレースメソッドでのタグの宣言は、TracingTags クラスからフィールドを設定して静的に実行されます。

TracingTags.WORKSPACE_ID.set(workspace.getId());

TracingTags は、それぞれの AnnotationAware タグ実装のように、一般的に使用されるすべてのタグが宣言されるクラスです。

関連情報

Jaeger UI の使用方法についての詳細は、Jaeger ドキュメントの『Jaeger Getting Started Guide』を参照してください。