1.2.2.4. CodeReady Workspaces プラグインブローカー

プラグインブローカーは、プラグイン meta.yaml ファイルに関連した特別なサービスです。以下を実行します。

  • CodeReady Workspaces サーバーが認識するプラグイン定義を提供するためにすべての情報を収集します。
  • ワークスペースプロジェクトで準備の各種アクションを実行する (ダウンロード、ファイルの展開、プロセス設定)。

プラグインブローカーの主な目的は、CodeReady Workspaces がサポートできる実際のプラグインから CodeReady Workspaces プラグイン定義を切り離すことにあります。ブローカーでは、CodeReady Workspaces は CodeReady Workspaces サーバーを更新せずに異なるプラグインをサポートできます。

CodeReady Workspaces サーバーはプラグインブローカーを起動します。プラグインブローカーは、ワークスペースと同じ OpenShift プロジェクトで実行されます。これには、プラグインおよびプロジェクトの永続ボリュームへのアクセスがあります。

プラグインブローカーはコンテナーイメージとして定義されます (例: eclipse/che-plugin-broker)。プラグインタイプは、起動しているブローカーのタイプを判別します。Che PluginChe Editor の 2 種類のプラグインがサポートされます。

ソースコード

CodeReady Workspaces プラグインブローカー

コンテナーイメージ

quay.io/eclipse/che-plugin-artifacts-broker
eclipse/che-plugin-metadata-broker