第2章 CodeReady Workspaces リソース要件の計算

本セクションでは、Red Hat CodeReady Workspaces の実行に必要なメモリーや CPU などのリソースを計算する方法を説明します。

CodeReady Workspaces 中央コントローラーとユーザーワークスペースはいずれもコンテナーのセットで構成されます。これらのコンテナーは、CPU および RAM の制限および要求の点でリソース消費に貢献します。

2.1. コントローラーの要件

Workspace コントローラーは、5 つの異なるコンテナーで実行される 5 つのサービスのセットで構成されます。以下の表は、これらの各サービスのデフォルトのリソース要件を示しています。

表2.1 ControllerServices

Podコンテナー名デフォルトのメモリー制限デフォルトのメモリー要求

CodeReady Workspaces サーバーおよびダッシュボード

che

1 GiB

512 MiB

PostgreSQL

postgres

1 GiB

512 MiB

RH-SSO

keycloak

2 GiB

512 MiB

devfile レジストリー

che-devfile-registry

256 MiB

16 MiB

プラグインレジストリー

che-plugin-registry

256 MiB

16 MiB

これらのデフォルト値は、CodeReady Workspaces Workspace Controller が小規模な CodeReady Workspaces ワークスペースを管理する場合に問題なく使用できます。大規模なデプロイメントの場合は、メモリー制限を増やします。デフォルトの要求および制限を上書きする方法については、https://access.redhat.com/documentation/en-us/red_hat_codeready_workspaces/2.6/html-single/installation_guide/index#advanced-configuration-options-for-the-codeready-workspaces-server-component_crw の 記事 を参照してください。たとえば、https://che.openshift.io で実行されるホスト型バージョンの CodeReady Workspaces は 1 GB のメモリーを 使用 します。