第9章 ワークスペースの起動を迅速化するイメージのキャッシュ

CodeReady Workspaces ワークスペースの起動時間のパフォーマンスを改善するには、Image Puller を使用します。Image Puller は追加の OpenShift デプロイメントです。これは、各ノードで関連するコンテナーイメージをダウンロードし、実行する DaemonSet を作成します。これらのイメージは、CodeReady Workspaces ワークスペースの起動時にすでに利用可能な状態です。

Image Puller は、以下のパラメーターを受け入れる ConfigMap からその設定を読み込みます。インストール方法によって、ConfigMap を設定する手順が決まります。

表9.1 Image Puller ConfigMap パラメーター

パラメーター使用デフォルト

CACHING_INTERVAL_HOURS

デーモンセットのヘルスチェック間隔(時間単位)

"1"

CACHING_MEMORY_REQUEST

Puller の実行時にキャッシュされる各イメージのメモリー要求。「Image Puller のメモリーパラメーターの定義」 を参照してください。

10Mi

CACHING_MEMORY_LIMIT

Puller の実行時にキャッシュされる各イメージのメモリー制限。「Image Puller のメモリーパラメーターの定義」 を参照してください。

20Mi

CACHING_CPU_REQUEST

Puller の実行時にキャッシュされる各イメージのプロセッサー要求

.05 または 50 ミリコア

CACHING_CPU_LIMIT

Puller の実行時にキャッシュされる各イメージのプロセッサー制限

.2 または 200 ミリコア

DAEMONSET_NAME

作成するデーモンセットの名前

kubernetes-image-puller

DEPLOYMENT_NAME

作成するデプロイメントの名前

kubernetes-image-puller

NAMESPACE

作成するデーモンセットが含まれる OpenShift プロジェクト

k8s-image-puller

IMAGES

プルするイメージのセミコロンで区切られた一覧 (<name>=<image>;…​) 「プルするイメージの一覧の定義」 を参照してください。

NODE_SELECTOR

デーモンセットによって作成される Pod に適用するノードセレクター

'{}'

関連情報

9.1. プルするイメージの一覧の定義

前提条件

手順

  1. 関連するコンテナーイメージの一覧を取得します。

    例9.1 CodeReady Workspaces に関連するすべてのイメージの一覧の取得

  2. sleep コマンドを含まないコンテナーイメージの一覧から除外します。

    例9.2 イメージは {image-puller-short} と互換性がありません。sleep コマンドがありません

    • FROM scratch イメージ。
    • che-machine-exec
  3. Dockerfile でボリュームをマウントするコンテナーイメージの一覧から除外します。

関連情報