2.3. ワークスペースの例

本セクションでは、CodeReady Workspaces ワークスペースの例を説明します。

以下の devfile は、CodeReady Workspaces ワークスペースを定義します。

apiVersion: 1.0.0
metadata:
 generateName: guestbook-nodejs-sample-
projects:
 - name: guestbook-nodejs-sample
   source:
     type: git
     location: "https://github.com/l0rd/nodejs-sample"
components:
 - type: chePlugin
   id: che-incubator/typescript/latest
 - type: kubernetes
   alias: guestbook-frontend
   reference: https://raw.githubusercontent.com/l0rd/nodejs-sample/master/kubernetes-manifests/guestbook-frontend.deployment.yaml
   mountSources: true
   entrypoints:
     - command: ['sleep']
       args: ['infinity']

この表は、各ワークスペースコンポーネントのメモリー要件を示しています。

表2.3 ワークスペースメモリー要件および制限の合計

Podコンテナー名デフォルトのメモリー制限デフォルトのメモリー要求

ワークスペース

theia-ide (デフォルト cheEditor)

512 MiB

512 MiB

ワークスペース

machine-exec (デフォルト chePlugin)

128 MiB

128 MiB

ワークスペース

vscode-typescript (chePlugin)

512 MiB

512 MiB

ワークスペース

frontend (kubernetes)

1 GiB

512 MiB

JWT プロキシー

verifier

128 MiB

128 MiB

合計

2.25 GiB

1.75 GiB

  • devfile に含まれていない場合でも、theia-ide および machine-exec コンポーネントは暗黙的にワークスペースに追加されます。
  • machine-exec で必要なリソースは、chePlugin のデフォルトです。
  • theia-ide のリソースは通常、cheEditor meta.yamlmemoryLimit として 512 MiB に設定されます。
  • Typescript VS Code 拡張は、デフォルトのメモリー制限もオーバーライドします。meta.yaml ファイルでは、制限は明示的に 512 MiB に指定されます。
  • CodeReady Workspaces は、kubernetes コンポーネントタイプのデフォルト(メモリー制限 1 GiB とメモリー要求の 512 MiB) を適用します。これは、kubernetes コンポーネントが、リソースの制限や要求のないコンテナー仕様を持つ Deployment マニフェストを参照するためです。
  • JWT コンテナーには 128 MiB のメモリーが必要です。

すべての内容を追加すると、制限が 2.25 GiB1.75 GiB のメモリー要求が設定されます。