1.3. CodeReady Workspaces ワークスペースアーキテクチャーについて

本章では、CodeReady Workspaces のアーキテクチャーおよびコンポーネントを説明します。

1.3.1. CodeReady Workspaces ワークスペースアーキテクチャー

クラスターの CodeReady Workspaces デプロイメントは、CodeReady Workspaces サーバーコンポーネント、ユーザープロファイルおよび設定を保存するデータベース、およびワークスペースをホストするいつくかの追加のデプロイメントで構成されます。CodeReady Workspaces サーバーは、ワークスペースコンテナーと有効にされたプラグイン、以下のような関連するコンポーネントを含むデプロイメントで構成されるワークスペースの作成をオーケストレーションします。

  • ConfigMap
  • service
  • endpoint
  • ingress またはルート
  • secrets
  • 永続ボリューム (PV)

CodeReady Workspaces ワークスペースは Web アプリケーションです。これは、エディター、言語の自動補完、デバッグツールなどの最新の IDE のすべてのサービスを提供するコンテナーで実行されるマイクロサービスで構成されます。IDE サービスは、OpenShift リソースとして定義されるコンテナーおよびユーザーランタイムアプリケーションにパッケージ化された開発ツールでデプロイされます。

CodeReady Workspaces ワークスペースのプロジェクトのソースコードは、OpenShift PersistentVolume で永続化されます。マイクロサービスは、ソースコード(IDE サービス、開発ツール) への読み取り/書き込みアクセスを持つコンテナー内で実行され、ランタイムアプリケーションはこの共有ディレクトリーへの読み取り/書き込みアクセスがあります。

以下の図は、CodeReady Workspaces ワークスペースの詳細なコンポーネントを示しています。

図1.5 CodeReady Workspaces ワークスペースコンポーネント

crw workspaces

この図では、実行中のワークスペースが 4 つあります。2 つは User A に属し、1 つは User B に属し、もう 1 つは User C に属します。

devfile 形式を使用して、CodeReady Workspaces ワークスペースのツールおよびランタイムアプリケーションを指定します。