10.4.3. OpenShift 初期 OAuth ユーザーの削除

以下の手順では、Red Hat CodeReady Workspaces がプロビジョニングする OpenShift の初期の OAuth ユーザーを削除する方法を説明します。

前提条件

  • oc ツールがインストールされている。
  • OpenShift で実行している Red Hat CodeReady Workspaces のインスタンス。
  • oc ツールを使用して OpenShift クラスターにログインしている。

手順

  1. codeready-workspaces カスタムリソースを更新します。

    $ oc patch checluster/codeready-workspaces -n openshift-workspaces --type=json -p \
    '[{"op": "replace", "path": "/spec/auth/initialOpenShiftOAuthUser", "value": false}]'