7.2.2. バックアップからの復元

CodeReady Workspaces 管理者は、特定の CodeReady Workspaces バージョンの既存のスナップショットを使用して、必要な状態またはバージョンを復元できます。次の手順は、復元コマンドについていくつかのバリエーションを説明します。ユースケースに合わせて、コマンド引数を調整します。

  • 同じバージョンの CodeReady Workspaces の以前の機能状態を復元するには、以下を実行します。

    $ crwctl server:restore --repository-url=<repository-url> --repository-password=<repository-password> --snapshot-id=<snapshot-id>
  • 現行バージョンの CodeReady Workspaces とは異なるバージョンにロールバックするには、以下を実行します。

    $ crwctl server:restore --version=<version> --snapshot-id=<snapshot-id> --repository-url=<repository-url> --repository-password=<repository-password>

    これにより、バージョンの CodeReady Workspaces から作成されたスナップショットがロールバックを実行し、復元されます。指定したスナップショットは、ロールバックする CodeReady Workspaces のバージョンから作成する必要があります。

    注記

    各 CodeReady Workspaces バージョンに専用のバックアップリポジトリーがあり、バージョンに最新のバックアップを使用する必要がある場合は、最新の 引数をスナップショット ID として指定できます。これにより、最新の 引数は指定されたリポジトリーの最新の既知の ID に変換されます。これは、CodeReady Workspaces Operator によってリカバリーに使用されます。

  • 既存のバックアップカスタムリソースによって記述される状態を復元するには、以下を実行します。

    $ crwctl server:restore --backup-cr-name=<CheClusterBackupCRName>
  • CodeReady Workspaces のバージョンアップグレードをロールバックするには、以下を実行します。

    $ crwctl server:restore --rollback

    これにより、CodeReady Workspaces が後続バージョンにアップグレードする前に使用したバージョンを復元します。

    注記

    CodeReady Workspaces Operator は、アップグレードごとにバックアップを自動的に作成します。