3.3.2. Operator を使用した CodeReady Workspaces の OpenShift 3 へのインストール

本セクションでは、crwctl CLI 管理ツールを使用して、OpenShift 3 に CodeReady Workspaces をインストールする方法を説明します。このインストールの方法では Operator を使用し、TLS (HTTPS) を有効にします。

注記

直前の CodeReady Workspaces インストールから更新し、同じ OpenShift Container Platform 3.11 クラスターで複数のインスタンスを有効にする方法は、インストール手順で説明されます。

Operator は、OpenShift アプリケーションをパッケージ化し、デプロイし、管理する方法です。これは、以下も提供します。

  • インストールおよびアップグレードの再現性。
  • すべてのシステムコンポーネントの定期的なヘルスチェック。
  • OpenShift コンポーネントおよび独立ソフトウェアベンダー (ISV) コンテンツの OTA (Over-the-air) 更新。
  • フィールドエンジニアの知識をカプセル化し、すべてのユーザーに展開する場所。
注記

この方法は、OpenShift Container Platform および OpenShift Dedicated バージョン 3.11 でのみサポートされますが、OpenShift Container Platform および OpenShift Dedicated の新しいバージョンでも機能し、OperatorHub を使用したインストール方法が利用できない場合にバックアップのインストール方法として機能します。

前提条件

  • OpenShift 3.11 の実行中のインスタンスでの管理者権限
  • oc OpenShift 3.11 CLI 管理ツールのインストール。「Installing the OpenShift 3.11 CLI」を参照してください。
  • crwctl 管理ツールのインストール。「crwctl CLI 管理ツールのインストール」 を参照してください。
  • 主な crwctl コマンドラインパラメーターが設定できない設定を適用するには、Operator で使用される CheCluster カスタムリソースのデフォルト値を上書きする設定ファイル operator-cr-patch.yaml を準備します。2章CodeReady Workspaces インストールの設定 を参照してください。
  • openshift-workspaces namespace をデフォルトのインストールプロジェクトとして使用します。
  • イメージを registry.redhat.com からプルするように OpenShift を設定します。Red Hat コンテナーレジストリーの認証 を参照してください。

手順

  1. OpenShift にログインします。「Basic Setup and Login」を参照してください。

    $ oc login
  2. 以下のコマンドを実行して、oc OpenShift CLI 管理ツールのバージョンが 3.11 であることを確認します。

    $ oc version
    oc v3.11.0+0cbc58b
  3. 以下のコマンドを実行して、openshift-workspaces というデフォルトプロジェクトに CodeReady Workspaces インスタンスを作成します。

    $ crwctl server:deploy -p openshift

検証手順

  1. 上記のコマンドの出力は以下で終わります。

    Command server:deploy has completed successfully.
  2. CodeReady Workspaces クラスターインスタンス: \https://codeready-<openshift_deployment_name>.<domain_name> に移動します。