4.12. 自己署名証明書を使用した Git リポジトリーをサポートする CodeReady Workspaces のデプロイ

この手順では、自己署名証明書を使用するリポジトリーで Git 操作のサポートのあるデプロイメント用に CodeReady Workspaces を設定する方法を説明します。

前提条件

  • Git バージョン 2 以降

手順

自己署名の Git リポジトリーのサポートの設定。

  1. Git サーバーの詳細情報を使用して新規の configMap を作成します。

    $ oc create configmap che-git-self-signed-cert \
      --from-file=ca.crt=<path_to_certificate> \  1
      --from-literal=githost=<host:port> -n openshift-workspaces  2
    1
    自己署名証明書へのパス
    2
    Git サーバーの HTTPS 接続のホストおよびポート(オプション)。
    注記
    • githost を指定しないと、指定された証明書がすべての HTTPS リポジトリーに使用されます。
    • 証明書ファイルは、通常、以下のような Base64 ASCII ファイルとして保存されます。.pem, .crt, .ca-bundle.また、これらはバイナリーデータとしてエンコードすることもできます (例: .cer)。証明書ファイルを保持するすべての Secrets は、バイナリーデータ証明書ではなく、Base64 ASCII 証明書を使用する必要があります。
  2. Git リポジトリーの自己署名証明書を使用するように CodeReady Workspaces を設定します。

    gitSelfSignedCert プロパティーを更新します。これを行うには、以下を実行します。

    $ oc patch checluster/codeready-workspaces -n openshift-workspaces --type=json \
      -p '[{"op": "replace", "path": "/spec/server/gitSelfSignedCert", "value": true}]'
  3. 新規ワークスペースを作成および開始します。ワークスペースによって使用されるすべてのコンテナーは、自己署名証明書のあるファイルを含む特殊なボリュームをマウントします。リポジトリーの .git/config ファイルには、Git サーバーホスト (その URL) と http セクションの証明書へのパスについての情報が含まれます(git-configに関する Git ドキュメントを参照してください)。以下に例を示します。

    [http "https://10.33.177.118:3000"]
    sslCAInfo = /etc/che/git/cert/ca.crt