第2章 CodeReady Workspaces インストールの設定

以下のセクションでは、Operator を使用して Red Hat CodeReady Workspaces をインストールする設定オプションについて説明します。

2.1. CheCluster カスタムリソースについて

CodeReady Workspaces のデフォルトデプロイメントは、Red Hat CodeReady Workspaces Operator によって準仮想化された CheCluster カスタムリソースのアプリケーションで構成されています。

CheCluster カスタムリソース
  • CodeReady Workspaces インストール全体の設定を記述する YAML ドキュメント。
  • 各コンポーネントを設定するセクション(authdatabaseserverstorage)が含まれます。
Red Hat CodeReady Workspaces Operator の役割
  • CheCluster カスタムリソースを、CodeReady Workspaces インストールの各コンポーネントで使用できる設定 (ConfigMap) に変換します。
OpenShift プラットフォームの役割
  • 各コンポーネントの設定 (ConfigMap) を適用するには、以下を実行します。
  • 必要な Pod を作成するには、以下を実行します。
  • OpenShift がコンポーネントの設定で変更を検知すると、Pod を適宜再起動します。

例2.1 CodeReady Workspaces サーバーコンポーネントの主なプロパティーの設定

  1. ユーザーは、server に関連する一部の設定が含まれる CheCluster カスタムリソースを適用します。
  2. Operator は che という必要な ConfigMap を生成します。
  3. OpenShift は ConfigMap の変更を検知し、CodeReady Workspaces Pod の再起動をトリガーします。

関連資料