4.14.3. ワークスペースレベルでの検証

  • ワークスペースを起動し、これが作成されたプロジェクトを取得し、これが起動するのを待機します。
  • 以下のコマンドを使用してワークスペース Pod の名前を取得します。

    $ oc get pods -o=jsonpath='{.items[0].metadata.name}' -n <workspace namespace> | grep '^workspace.*'
  • 以下のコマンドを使用して、ワークスペース Pod の Theia IDE コンテナーの名前を取得します。

    $ oc get -o json pod <workspace pod name>  -n <workspace namespace> | \
        jq -r '.spec.containers[] | select(.name | startswith("theia-ide")).name'
  • ワークスペース namespace 内に作成されている必要がある ca-certs ConfigMap を検索します。

    $ oc get cm ca-certs <workspace namespace>
  • ca-certs ConfigMap のエントリーに事前に追加した追加エントリーがすべて含まれていることを確認します。さらに、予約されている ca-bundl.crt エントリーが含まれる場合があります。

    $ oc get cm ca-certs -n <workspace namespace> -o json | jq -r '.data | keys[]'
    ca-bundle.crt
    source-config-map-name.data-key.crt
  • ca-certs ConfigMap がワークスペース Pod のボリュームとして追加されていることを確認します。

    $ oc get -o json pod <workspace pod name> -n <workspace namespace> | \
        jq '.spec.volumes[] | select(.configMap.name == "ca-certs")'
    {
      "configMap": {
        "defaultMode": 420,
        "name": "ca-certs"
      },
      "name": "che-self-signed-certs"
    }
  • ボリュームがコンテナー (とくに Theia IDE コンテナー) にマウントされていることを確認します。

    $ oc get -o json pod <workspace pod name> -n <workspace namespace> | \
       jq '.spec.containers[] | select(.name == "<theia ide container name>").volumeMounts[] | select(.name == "che-self-signed-certs")'
    {
      "mountPath": "/public-certs",
      "name": "che-self-signed-certs",
      "readOnly": true
    }
  • Theia IDE コンテナーの /public-certs フォルダーを検査し、その内容が ca-certs ConfigMap のエントリーの一覧と一致することを確認します。

    $ oc exec <workspace pod name> -c <theia ide container name> -n <workspace namespace> -- ls /public-certs
    ca-bundle.crt
    source-config-map-name.data-key.crt