3.2.4. factory パラメーターを使用した devfile 値の上書き

リモート devfile の以下のセクションで値を上書きできます。

  • apiVersion
  • metadata
  • projects
  • 属性

追加の factory パラメーターを使用して値を上書きできます。

前提条件

手順

  1. URL \https://codeready-<openshift_deployment_name>.<domain_name>/f?url=https://<hostURL>/devfile.yaml&override.<parameter.path>=<value> に移動してワークスペースを開きます。

例3.3 generateName プロパティーを上書きする例

以下の初期 devfile について考えてみましょう。

apiVersion: 1.0.0
metadata:
  generateName: golang-
projects:
...

generateName 値を追加または上書きするには、以下の factory URL を使用します。

https://workspaces.openshift.com/f?url=<repository-url>&override.metadata.generateName=myprefix

作成されるワークスペースには、以下の devfile モデルがあります。

apiVersion: 1.0.0
metadata:
  generateName: myprefix
projects:
...

例3.4 プロジェクトソースブランチプロパティーの上書き例

以下の初期 devfile について考えてみましょう。

apiVersion: 1.0.0
metadata:
  generateName: java-mysql-
projects:
  - name: web-java-spring-petclinic
    source:
      type: git
      location: "https://github.com/spring-projects/spring-petclinic.git"
...

ソースの branch の値を追加または上書きするには、以下の factory URL を使用します。

https://workspaces.openshift.com/f?url=<repository-url>&override.projects.web-java-spring-petclinic.source.branch=1.0.x

作成されるワークスペースには、以下の devfile モデルがあります。

apiVersion: 1.0.0
metadata:
  generateName: java-mysql-
projects:
  - name: web-java-spring-petclinic
    source:
      type: git
      location: "https://github.com/spring-projects/spring-petclinic.git"
      branch: 1.0.x
...

例3.5 属性値の上書きまたは作成例

以下の初期 devfile について考えてみましょう。

apiVersion: 1.0.0
metadata:
  generateName: golang-
attributes:
   persistVolumes: false
projects:
...

persistVolumes 属性値を追加または上書きするには、以下の factory URL を使用します。

https://workspaces.openshift.com/f?url=<repository-url>&override.attributes.persistVolumes=true

作成されるワークスペースには、以下の devfile モデルがあります。

---
apiVersion: 1.0.0
metadata:
  generateName: golang-
attributes:
   persistVolumes: true
projects:
...

属性を上書きする場合、attributes キーワードをベースとするものはすべて属性名として解釈されます。ドットで区切られた名前を使用できます。

https://workspaces.openshift.com/f?url=<repository-url>&override.attributes.dot.name.format.attribute=true

作成されるワークスペースには、以下の devfile モデルがあります。

apiVersion: 1.0.0
metadata:
  generateName: golang-
attributes:
   dot.name.format.attribute: true
projects:
...

検証手順

  1. CodeReady Workspaces ダッシュボードで、新たに作成されたワークスペースの Devfile タブに移動し、コンテンツを検査します。