3.8.2. コマンドラインインターフェースを使用したワークスペースへのファイルのダウンロードおよびアップロード

この手順では、ocツールを使用してファイルをリモートで CodeReady Workspaces ワークスペースから/にダウンロードする方法を説明します。

前提条件

  • CodeReady Workspaces の実行中のインスタンスがある。CodeReady Workspaces のインスタンスをインストールするには、CodeReady Workspaces のインストールを参照してください。
  • 変更する予定の CodeReady Workspaces ワークスペースへのリモートアクセスワークスペースへのリモートアクセスを参照してください。
  • oc バージョン 1.5.0 以降が利用できる。インストールされているバージョンの情報については、以下を実行します。

    $ oc version
    Client Version: version.Info{Major:"1", Minor:"15", GitVersion:"v1.15.0"
    
    ...

手順

以下の手順では、ユーザープロジェクトの例として crw を使用します。

  • ワークスペースコンテナーからユーザーの現在のホームディレクトリーに downloadme.txt という名前のローカルファイルをダウンロードするには、CodeReady Workspaces リモートシェルで以下を実行します。

    $ REMOTE_FILE_PATH=/projects/downloadme.txt
    $ NAMESPACE=crw
    $ POD=workspace7b2wemdf3hx7s3ln.maven-74885cf4d5-kf2q4
    $ CONTAINER=maven
    $ oc cp ${NAMESPACE}/${POD}:${REMOTE_FILE_PATH} ~/downloadme.txt -c ${CONTAINER}
  • uploadme.txt という名前のローカルファイルを /projects ディレクトリー内のワークスペースコンテナーにアップロードするには、以下を実行します。
$ LOCAL_FILE_PATH=./uploadme.txt
$ NAMESPACE=crw
$ POD=workspace7b2wemdf3hx7s3ln.maven-74885cf4d5-kf2q4
$ CONTAINER=maven
$ oc cp ${LOCAL_FILE_PATH} ${NAMESPACE}/${POD}:/projects -c ${CONTAINER}

前述の手順を使用すると、ユーザーはディレクトリーをダウンロードし、アップロードすることもできます。

関連資料