3.2.3. HTTP を使用した一般にアクセス可能なスタンドアロン devfile でのワークスペースの作成

ワークスペースは、devfile、devfile の未加工コンテンツを参照する URL を使用して作成できます。次に CodeReady Workspaces インスタンスは検出された devfile を使用してワークスペースをビルドします。

前提条件

手順

  1. URL \https://codeready-<openshift_deployment_name>.<domain_name>/#https://<yourhosturl>/devfile.yaml を開いてワークスペースを実行します。