3.2.6. ユーザーのワークスペース作成ストラテジーの定義の許可

開発者は、CodeReadyワークスペースを構成して、ファクトリURLを受け入れるたびに新しいワークスペースを作成するか、ユーザーが既に持っている場合は既存のワークスペースを再利用できます。

CodeReady Workspaces は以下のオプションをサポートします。

  • perclick: デフォルトのストラテジーであり、指定のファクトリー URL が許可されるたびに新規ワークスペースを作成します。
  • peruser: 最初に、ワークスペースはファクトリー URL を使用して作成されます。他のユーザーの呼び出しは、ファクトリー URL(1 ファクトリー = 1 ワークスペース)によって作成された特定のワークスペースを再利用します。

前提条件

  • CodeReady Workspaces の実行中のインスタンスがある。CodeReady Workspaces のインストールを参照してください。
  • Git リポジトリー <GIT_REPOSITORY_URL> は HTTPS 経由で利用できます。

手順

  • ファクトリー URL を開き、追加のストラテジーパラメーターを指定してワークスペースを実行します。

    \https://codeready-<openshift_deployment_name>.<domain_name>/f?url=<GIT_REPOSITORY_URL>&policies.create=<value>