9.3.9. destroy()の実装

destroy() が呼び出される際に、WORKSPACE_STOPPED イベントを送信し、接続プールなどのリソースをシャットダウンします。

例9.10 AnalyticsManager.java

@Override
public void destroy() {
    onEvent(WORKSPACE_STOPPED, lastOwnerId, lastIp, lastUserAgent, lastResolution, commonProperties);
}

「アプリケーションの実行」 で説明されているように mvn quarkus:dev を実行すると、Quarkus アプリケーションの終了時にサーバーに送信される WORKSPACE_STOPPED イベントが表示されます。