第2章 機能拡張

  • Red Hat JBoss Wildfly 24 と動作するように、サーバーアダプターが CodeReady Studio に追加されました。
  • コンポーネントタイプおよびスタータープロジェクトから新規コンポーネントを作成できるようになりました。(JBIDE-27676)
  • Hibernate ランタイム 3.5、4.0、5.0、5.1、5.2、および 5.3 はデフォルトで無効にされるようになりました。再有効にするには、Hibernate 設定ページの設定を変更します。(JBIDE-27841)
  • CodeReady Studio には、Hibernate バージョン 5.5 以降の今後の Hibernate リリースのランタイムプラグインが含まれるようになりました。(JBIDE-27351)
  • CodeReady Studio での OpenShift の改良機能

    • OpenShift ツールは odo 2.2.2 をベースとするようになりました。(JBIDE-27837)