5.9. OpenShift Application Explorer を使用したクラスターでのアプリケーションのデバッグ

CodeReady Studio で OpenShift Application Explorer を使用して、クラスターでアプリケーションをデバッグする方法を説明します。

手順

  1. CodeReady Studio を起動します。
  2. Project Explorer ビューで、MainVerticle.java(devfiles)または HttpApplication.java(S2I)ファイルを見つけ、ダブルクリックして開きます。
  3. 左側がルーラーになっている列をクリックし、ブレークポイントを設定します。

    crs os debugging breakpoint
  4. OpenShift Application Explorer を開きます。
  5. プロジェクトを展開します。
  6. アプリケーションを展開します。
  7. componentDebug を右クリックします。

    crs os debug

    Console ビューが表示されます。

  8. OpenShift Application Explorer で、コンポーネントを展開します。
  9. urlOpen in Browser を右クリックします。

    crc os open in browser

    Confirm Perspective Switch ウインドウが表示されます。

  10. Switch をクリックします。

    Debug Perspective ウィンドウが表示され、デバッグプロセスが表示されます。