7.5. Hibernate 設定ファイルの作成

リバースエンジニアリング、プロトタイプクエリー、または Hibernate Core の使用には、hibernate.properties または hibernate.cfg.xml ファイルが必要になります。CodeReady Studio には、設定ファイル hibernate.cfg.xml を生成するウィザードがあります。

CodeReady Studio で Hibernate 設定ファイルを作成する方法を説明します。

手順

  1. CodeReady Studio を起動します。
  2. Ctrl+N キーを押します。

    Select a wizard ウインドウが表示されます。

    crs creating hibernate config file
  3. 検索フィールドに Hibernate と入力します。
  4. Hibernate Configuration file (cfg.xml) を選択します。
  5. Next をクリックします。

    Create Hibernate Configuration file (cfg.xml) ウインドウが表示されます。

    crs selecting parent dir for hibernate config file
  6. 親ディレクトリーを選択します。
  7. Next をクリックします。

    Hibernate Configuration File(cfg.xml) ウインドウが表示されます。

    crs hibenate config file creation
  8. Database dialect フィールドの下矢印をクリックして、データベースを選択します。
  9. Driver class フィールドの下矢印をクリックして、ドライバーを選択します。
  10. Connection URL フィールドの下矢印をクリックし、URL を選択します。
  11. Finish をクリックします。