Menu Close

第5章 CodeReady Studio のアンインストール

Eclipse またはインストーラーを使用して CodeReady Studio をアンインストールする方法を説明します。

複数のバージョンの CodeReady Studio が異なるディレクトリーにあれば、複数のバージョンの CodeReady Studio をシステムにインストールできます。

5.1. Eclipse を使用した Red Hat CodeReady Studio のアンインストール

Eclipse Marketplace または Update Site Zip でインストールされた CodeReady Studio のアンインストール方法を説明します。

手順

  1. Eclipse IDE を開始します。
  2. HelpEclipse Marketplace をクリックします。

    crs eclipse marketplace

    Eclipse Marketplace ウィンドウが表示されます。

  3. Installed セクションに移動します。

    crs uninstall from eclipse
  4. Red Hat CodeReady Studio を見つけます。
  5. Change ボタンの近くにある下向き矢印をクリックします。
  6. Uninstall をクリックします。

    Confirm Selected Features ウインドウが表示されます。

    crs uninstall selected features
  7. Red Hat CodeReady Studio が選択されていることを確認します。
  8. Confirm をクリックします。
  9. Finish をクリックします。

    Software Updates ダイアログボックスが表示され、Eclipse の再起動を要求されます。

  10. Restart Now をクリックします。

    Eclipse を再起動するまで変更は反映されないため、注意してください。

5.2. インストーラーを使用した CodeReady Studio のアンインストール

インストーラーでインストールされた CodeReady Studio をアンインストールする方法を説明します。

手順

  1. CodeReady Studio が実行されていないことを確認します。
  2. /Uninstaller ディレクトリーに移動します。

    $ cd /path-to/codereadystudio/Uninstaller

    path-to を CodeReady Studio /codereadystudio/Uninstaller ディレクトリーへのパスに置き換えます。

  3. アンインストーラーを起動します。

    $ java -jar uninstaller.jar

    IzPack Uninstaller ダイアログボックスが表示されます。

    crs uninstaller
  4. Force the deletion チェックボックスを選択します。

    このチェックボックスを選択しないと、一部のファイルがインストールディレクトリーに残されます。

  5. Uninstall をクリックします。