Menu Close

第4章 CodeReady Studio のアンインストール

あるバージョンの CodeReady Studio (例: 11.x) で開発を終了した後に、新しいバージョン (例:12.x) をインストールしたい場合、インストールされているバージョンの CodeReady Studio をアンインストールすることができますが、各バージョンを異なるディレクトリーに配置すれば、インストーラーまたは Eclipse でインストールされた複数のバージョンの CodeReady Studio を使用することができます。

4.1. インストーラーを使用してインストールされた CodeReady Studio のアンインストール

手順

CodeReady Studio をアンインストールするには、以下の手順にしたがいます。

  1. CodeReady Studio が実行されていないことを確認します。
  2. コマンドラインで path/to/CodeReady Studio/Uninstaller に移動します。
  3. コマンドラインで以下を入力します。

    $ java -jar uninstaller.jar
  4. IzPack Uninstaller ダイアログボックスで以下を行います。

    1. Force the deletion of <path_to_CodeReady Studio_directory> チェックボックスをクリックして、CodeReady Studio インストールディレクトリー全体を削除します。これを選択しなくても、Red Hat CodeReady Studio はアンインストールされますが、一部のファイルがインストールディレクトリーから削除されません。
    2. Uninstall をクリックします。
  5. 進捗バーに Finished が表示された後、Quit をクリックし、Uninstaller ダイアログボックスを閉じます。

図4.1 CodeReady Studio のアンインストール

Uninstall CodeReady&#160;Studio

4.2. Eclipse にインストールされた Red Hat CodeReady Studio のアンインストール

手順

Eclipse Marketplace 経由のインストールまたは更新された .zip ファイルでのインストールに関わらず、CodeReady Studio は以下の手順を使用してアンインストールできます。

CodeReady Studio をアンインストールするには、以下の手順にしたがいます。

  1. Eclipse SimRel 2018-09 GA を起動します。
  2. Help > Eclipse Marketplace をクリックします。
  3. Eclipse Marketplace ウインドウの Find フィールドに Red Hat CodeReady Studio と入力し、Go をクリックします。
  4. Red Hat CodeReady Studio <version> セクションで Installed をクリックします。
  5. Update ドロップダウンリストをクリックし、利用可能なオプションを表示します。Uninstall をクリックします。

    図4.2 アンインストールボタン

    Uninstall CodeReady&#160;Studio
  6. Confirm Selected Features ウインドウで、Red Hat CodeReady Studio <version> が選択されていることを確認し、Confirm をクリックします。
  7. Finish をクリックします。

    図4.3 選択された機能削除の確認

    Confirm Selected Feature Deletion
  8. Software Updates ダイアログボックスで Yes をクリックし、Eclipse を再起動して変更を反映します。