Menu Close

第3章 高度なインストールタスクの実行

ここでは、スクリプトを使用して Red Hat CodeReady Studio をインストールする手順と、ソースコードから Red Hat CodeReady Studio インストーラーをビルドする手順を説明します。

3.1. スクリプトを使用した Red Hat CodeReady Studio のインストール

1 度 GUI を使用して CodeReady Studio スタンドアロンをインストールし、その後のインストールは生成したスクリプトを使用します。このインストール方法は、インストールごとにインストーラー GUI を使用せずに、インストールを繰り返し一括して行うことができます。

CodeReady Studio スタンドアロンのインストーラーは、Red Hat カスタマーポータルなどの複数のソースから入手できます。

手順

CodeReady Studio をスクリプトでインストールするには、以下の手順にしたがいます。

  1. CodeReady Studio Software Downloads ページから Red Hat CodeReady Studio 12.12 Stand-alone Installer をダウンロードします。
  2. インストーラーを起動します。

    $ cd /path/to/.jar
    $ java -jar devstudio-12.12.0.GA-installer-standalone.jar
  3. 画面の手順にしたがって、インストールを完了します。インストールの完了後、CodeReady Studio のインストールディレクトリーに InstallConfigRecord.xml ファイルが生成されます。
  4. ターミナルウインドウに以下のコマンドを入力します。

    $ java -jar devstudio-12.12.0.GA-installer-standalone.jar \
      /path/to/devstudio/InstallConfigRecord.xml
注記

生成された InstallConfigRecord.xml ファイルはマシン固有で、Java Development Kit とシステムのインストールパスを使用します。その他のオペレーティングシステム、Java Development Kit、またはパスに InstallConfigRecord.xml ファイルを使用する場合は、このファイルを手作業で変更する必要があります。

3.2. CodeReady Studio スタンドアロンインストーラーをソースからビルド

前提条件

  • Maven 3.3 以上。ソースコードからインストーラーをビルドするため Java 8 がインストールされている必要があります。Maven を取得および設定するには http://maven.apache.org/ を参照してください。

手順

CodeReady Studio スタンドアロンインストーラーをソースからビルドするには、以下の手順にしたがいます。

  1. 以下のコマンドを実行して、git リポジトリーをクローンします。

    $ git clone https://github.com/jbdevstudio/jbdevstudio-product.git
  2. 以下のコマンドを実行して、master ブランチをチェックアウトします。

    $ git checkout master
  3. jbdevstudio-product/README.adoc ファイルにある以下の手順にしたがって、インストーラーをビルドします。
注記

jbdevstudio-product/README.adoc ファイルは、最上レベルの展開された現在のフォルダーにあります。

ビルドが完了するまで時間がかかります。ビルドの完了後、devstudio-[version]-installer-standalone.jar ファイルが /path/to/jbdevstudio-product/installer/target ディレクトリーに作成されます。