第3章 物理インフラストラクチャープロバイダーの管理

3.1. 物理インフラストラクチャープロバイダーの追加

物理インフラストラクチャープロバイダーを追加して、XClarity Administrator 仮想アプライアンスを CloudForms に接続します。物理インフラストラクチャープロバイダーにより、XClarity Administrator が管理するデバイスを管理し、それらを操作することができます。

メモ: プロバイダーを追加する権限が与えられたユーザーとして CloudForms にログインしている必要があります。デフォルトのユーザーは admin で、パスワードは smartvm です。

CloudForms に接続するそれぞれの XClarity Administrator インスタンスについて、以下のステップを実施します。

特定の XClarity Administrator インスタンスに接続するには、以下の手順を実施します。

  1. コンピュート > 物理インフラストラクチャー > プロバイダー の順に移動します。
  2. 構成 をクリックし、続いて 新規インフラストラクチャープロバイダーの追加 をクリックします。
  3. 名前 フィールドにプロバイダー名を入力します (例: Physical Infrastructure Manager)。
  4. タイプ リストから、「Lenovo XClarity」を選択します。
  5. ゾーン フィールドは Default Zone とします。
  6. 認証情報エリアで、以下の情報を指定します。

    1. XClarity Administrator インスタンスのホスト名、IPv4 アドレス、または IPv6 アドレスを入力します。
    2. API ポート に「443」と入力します。
    3. XClarity Administrator インスタンスにログインするためのユーザー名およびパスワードを入力します。
  7. 検証 をクリックして、XClarity Administrator インスタンスに接続可能であることを確認します。
  8. 追加 をクリックします。

さまざまな XClarity Administrator インスタンスを検出し、それらに接続するには、以下の手順を実施します。

  1. XClarity Administrator インスタンスを検出します。

    1. コンピュート > 物理インフラストラクチャー > プロバイダー の順に移動します。
    2. 構成 をクリックし、続いて 物理インフラストラクチャープロバイダーの検出 をクリックします。
    3. 検出するタイプ のリストから「Lenovo XClarity Administrator」を選択します。
    4. 開始アドレス および 終了アドレス フィールドを使用して、IP アドレスの範囲を入力します。
    5. ポートを入力します。
    6. 開始 をクリックして検出プロセスを始めます。
  2. 検出されたそれぞれの物理インフラストラクチャープロバイダー (XClarity Administrator インスタンス) について、認証情報を更新します。

    1. コンピュート > 物理インフラストラクチャー > プロバイダー の順に移動します。
    2. 編集するプロバイダーを選択します。
    3. メニューの 構成 ボタンをクリックします。
    4. 選択したインフラストラクチャープロバイダーの編集 をクリックします。
    5. XClarity Administrator インスタンスにログインするためのユーザー名およびパスワードを入力します。
    6. 検証 をクリックして、XClarity Administrator インスタンスに接続可能であることを確認します。
    7. 保存 をクリックします。変更が正常に実施されたことを示すフラッシュメッセージが表示されます。

物理インフラストラクチャープロバイダーを追加した後に、コンピュート > 物理インフラストラクチャー > プロバイダー に順に移動すると、以下のように利用可能なすべてのプロバイダーが表示されます。

providers

3.2. 物理インフラストラクチャープロバイダーの更新

CloudForms は物理インフラストラクチャープロバイダーに対して定期的にポーリングを行い、管理対象デバイス、リレーションシップ、および電源状態などの最新データを取得します。以下のステップを実施して、手動で最新データを取得することができます。

  1. コンピュート > 物理インフラストラクチャー > プロバイダー の順に移動します。
  2. 更新する物理インフラストラクチャープロバイダーを選択します。
  3. 構成 をクリックし、続いて リレーションシップと電源状態の更新 をクリックします。
  4. OK をクリックします。

3.3. 物理インフラストラクチャープロバイダーの削除

以下のステップを実施して、物理インフラストラクチャープロバイダーを削除することができます。

  1. コンピュート > 物理インフラストラクチャー > プロバイダー の順に移動します。
  2. 削除する物理インフラストラクチャープロバイダーを選択します。
  3. 構成 をクリックし、続いて インベントリーからのインフラストラクチャープロバイダーの削除 をクリックします。
  4. OK をクリックします。

3.4. 物理インフラストラクチャープロバイダーの編集

以下のステップを実施して、物理インフラストラクチャープロバイダーのシステム設定を修正することができます。

  1. コンピュート > 物理インフラストラクチャー > プロバイダー の順に移動します。
  2. 修正する物理インフラストラクチャープロバイダーを選択します。
  3. メニューの 構成 ボタンをクリックします。
  4. 選択したインフラストラクチャープロバイダーの編集 をクリックします。
  5. 必要な変更を行い、必要に応じて認証情報を再検証します。
  6. 保存 をクリックします。変更が正常に実施されたことを示すフラッシュメッセージが表示されます。

3.5. 物理インフラストラクチャープロバイダーからの XClarity Administrator インスタンスパスワードの変更

CloudForms では、XClarity Administrator インスタンスが関連付けられている物理インフラストラクチャープロバイダーから、その XClarity Administrator インスタンスのパスワードを変更することができます。このようにしてパスワードを変更すると CloudForms 側でもパスワードが変更され、両者の整合性が維持されます。

  1. コンピュート > 物理インフラストラクチャー > プロバイダー の順に移動します。
  2. 修正する物理インフラストラクチャープロバイダーをクリックします。
  3. トップメニューで 認証 ボタンをクリックし、パスワードの変更 を選択します。物理インフラストラクチャープロバイダーのパスワードを変更する ページが表示されます。
  4. 現在のパスワード フィールドに XClarity Administrator インスタンスの現在のパスワードを入力します。
  5. 新規パスワード および 新しいパスワードを確認 フィールドに新しいパスワードを入力します。
  6. 保存 をクリックします。