第3章 タスク

タスク メニューのオプションでは、Red Hat CloudForms で現在実行中のタスクを表示および制御することができます。開始時、終了時、現在実行中のタスク箇所、発生したエラーなど、各タスクの状態が表示されます。

3.1. 仮想マシンとコンテナーの分析タスク

仮想マシンとコンテナーの分析タスク メニューでは、現在ログイン中のユーザーのコンテナーおよび仮想マシン上で実行中のタスクをすべて表示することができます。

仮想マシンとコンテナーの分析タスク メニューには、以下のような機能があります。

  • ログインユーザーが仮想マシンまたはコンテナーの SmartState 分析をスケジューリングまたは手動で開始することによって作成された SmartProxy のジョブの表示
  • ジョブの状態 (正常に完了、エラー、実行中など) の表示
  • エラーの理由の表示
  • ステータスおよび状態別のタスクのフィルタリング
  • 参照する仮想マシンまたはコンテナーの所有者/ホストの表示
  • タスクの明示的な削除、または別のタスクよりも古いタスクの削除

3.1.1. 仮想マシンおよびコンテナー分析タスク一覧のフィルタリング

以下の手順では、仮想マシンおよびコンテナー分析タスクの一覧をフィルタリングする方法について説明します。ゾーン、時間、タスクのステータス、タスクの状態別にタスク一覧をフィルタリングできます。

仮想マシンおよびコンテナー分析タスク一覧のフィルタリング方法:

  1. 設定メニューから タスク を選択します。
  2. 仮想マシンとコンテナーの分析タスク をクリックします。
  3. ゾーン 一覧から、特定のゾーンを選択するか、<すべてのゾーン> を選択します。
  4. 24 時間単位の期間 一覧から、どの期間のタスクを表示するかを選択します。
  5. タスクのステータス では、表示するステータスの隣のチェックボックスを選択します。
  6. タスクの状態 一覧から、(フィルタリングして) 表示させる状態を選択します。
  7. 適用 をクリックします。

3.1.2. 仮想マシンおよびコンテナー分析タスク一覧からのタスクの削除

仮想マシンおよびコンテナー分析タスク一覧からのタスクの削除方法:

  1. 設定メニューから タスク を選択します。
  2. 仮想マシンとコンテナーの分析タスク をクリックします。
  3. 削除するタスクを選択します。削除 メニューから以下を実行します。

    1. 削除 をクリックして、選択したタスクを削除します。
    2. 古いタスクの削除 をクリックして、選択したタスクよりも古いタスクを削除します。
    3. すべてを削除 をクリックしてすべてのタスクを削除します。
  4. OK をクリックします。

3.2. 他の UI タスク

他の UI タスク メニューでは、現在ログイン中のユーザーのユーザーインターフェースで実行中の全タスクを表示することができます。

3.2.1. 他の UI タスク一覧のフィルタリング

以下の手順では、ユーザーインターフェース分析タスクの一覧をフィルタリングする方法について説明します。時間、タスクのステータス、タスクの状態別にタスク一覧をフィルタリングできます。

他のユーザーインターフェースタスク一覧のフィルタリング方法:

  1. 設定メニューから タスク を選択します。
  2. 他の UI タスク をクリックします。
  3. 24 時間単位の期間 一覧から、どの期間のタスクを表示するかを選択します。
  4. タスクのステータス では、表示するステータスの隣のチェックボックスを選択します。
  5. タスクの状態 一覧から、(フィルタリングして) 表示させる状態を選択します。
  6. 適用 をクリックします。

3.2.2. 他の UI タスクの削除

他のユーザーインターフェースタスク一覧からのタスクの削除方法:

  1. 設定メニューから タスク を選択します。
  2. 他の UI タスク をクリックします。
  3. 削除するタスクを選択します。削除 メニューから以下を実行します。

    1. 削除 をクリックして、選択したタスクを削除します。
    2. 古いタスクの削除 をクリックして、選択したタスクよりも古いタスクを削除します。
    3. すべてを削除 をクリックしてすべてのタスクを削除します。
  4. OK をクリックします。

3.3. すべての仮想マシンとコンテナーの分析タスク

すべての仮想マシンとコンテナーの分析タスク メニューでは、全ユーザーのコンテナーおよび仮想マシン上で実行中のタスクをすべて表示することができます。

すべての仮想マシンとコンテナーの分析タスク メニューには、以下のような機能があります。

  • 全ユーザーが仮想マシンまたはコンテナーの SmartState 分析をスケジューリングまたは手動で開始することによって作成された SmartProxy のジョブの表示
  • ジョブの状態 (正常に完了、エラー、実行中など) の表示
  • エラーの理由の表示
  • ステータスおよび状態別のタスクのフィルタリング
  • 参照する仮想マシンまたはコンテナーの所有者/ホストの表示
  • タスクの明示的な削除、または別のタスクよりも古いタスクの削除

3.3.1. 仮想マシンおよびコンテナー分析タスク一覧のフィルタリング

以下の手順では、仮想マシン分析タスクの一覧をフィルタリングする方法について説明します。ゾーン、時間、タスクのステータス、タスクの状態別にタスク一覧をフィルタリングできます。

仮想マシンおよびコンテナー分析タスク一覧のフィルタリング方法:

  1. 設定メニューから タスク を選択します。
  2. すべての仮想マシンとコンテナーの分析タスク をクリックします。
  3. ゾーン 一覧から、特定のゾーンを選択するか、<すべてのゾーン> を選択します。
  4. 24 時間単位の期間 一覧から、どの期間のタスクを表示するかを選択します。
  5. タスクのステータス では、表示するステータスの隣のチェックボックスを選択します。
  6. タスクの状態 一覧から、(フィルタリングして) 表示させる状態を選択します。
  7. 適用 をクリックします。

3.3.2. 仮想マシンおよびコンテナー分析タスクの削除

すべての仮想マシンおよびコンテナー分析タスク一覧からのタスクの削除方法:

  1. 設定メニューから タスク を選択します。
  2. すべての仮想マシンとコンテナーの分析タスク をクリックします。
  3. 削除するタスクを選択します。削除 メニューから以下を実行します。

    1. 削除 をクリックして、選択したタスクを削除します。
    2. 古いタスクの削除 をクリックして、選択したタスクよりも古いタスクを削除します。
    3. すべてを削除 をクリックしてすべてのタスクを削除します。
  4. OK をクリックします。

3.4. その他の全タスク

その他の全タスク メニューでは、全ユーザーの全タスクを表示できます。このメニューは、admin ユーザーでログインしている場合のみ利用できます。

3.4.1. その他の全タスク一覧のフィルタリング

以下の手順では、その他の全タスクの一覧をフィルタリングする方法について説明します。時間、タスクのステータス、タスクの状態別にタスク一覧をフィルタリングできます。

その他の全タスク一覧のフィルタリング方法:

  1. 設定メニューから タスク を選択します。
  2. その他の全タスク をクリックします。
  3. 24 時間単位の期間 一覧から、どの期間のタスクを表示するかを選択します。
  4. タスクのステータス では、表示するステータスの隣のチェックボックスを選択します。
  5. タスクの状態 一覧から、(フィルタリングして) 表示させる状態を選択します。
  6. 適用 をクリックします。

3.4.2. その他の前タスク一覧からのタスクの削除

その他の全タスク一覧からのタスクの削除方法:

  1. 設定メニューから タスク を選択します。
  2. その他の全タスク をクリックします。
  3. 削除するタスクを選択します。削除 メニューから以下を実行します。

    1. 削除 をクリックして、選択したタスクを削除します。
    2. 古いタスクの削除 をクリックして、選択したタスクよりも古いタスクを削除します。
    3. すべてを削除 をクリックしてすべてのタスクを削除します。
  4. OK をクリックします。