第7章 Red Hat Insights

Red Hat Insights は、収集したナレッジを活用してエンドユーザーが先を見越したシステムを診断したり、クリティカルなダウンタイムが発生する状況を回避したりしやすくするためのサービスです。Red Hat Insights は、Red Hat サブスクリプション管理と同様に定期的にシステムをチェックすることで実行します。

Red Hat Insights のダッシュボードは使いやすく、これにより、システム管理者や IT オペレーションマネージャーが迅速に主要リスクを特定して安定性、セキュリティー、パフォーマンスを確保できます。ディスプレイを一目みて、カテゴリー別の分類、影響および解決の詳細表示を行い、どのシステムが影響を受けているのか素早く判断することができます。

注記

Red Hat Insights は、Red Hat CloudForms の本リリースではテクノロジープレビューとして提供されています。テクノロジープレビューとされている機能のサポート範囲に関する情報は、「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

Red Hat Insights の利点:

  • 先を見越して問題を解決し、セキュリティーのエクスプロイト、パフォーマンスの低下、安定性の喪失に関連するダウンタイムを回避します。
  • 有資格の Red Hat エンジニアから集められたナレッジが 2 万件ほど解決策として提供されているため安心してご利用いただけます。
  • 問題の特定や解決方法の調査にかかる工数が削減されるので、IT 予算を縮小することができます。

Red Hat Insights プラグインには以下のオプションが含まれています。

  • 概要
  • Rules
  • Systems

以下のセクションでは、これらのタブについて詳しく説明します。

7.1. 概要タブ

概要タブは、デプロイメント内の問題を検出する際に役立ちます。以下のカテゴリーに問題を分類します。

  • Performance
  • セキュリティー
  • Stability
  • Availability

これらのカテゴリーの 1 つを選択して、問題の詳細を表示できます。

RH access insights overview

7.2. Rules タブ

Rules は、お客様がアップロードしたアーカイブで動作するルールを簡単に追加することができます。また、開発者は 1 度に 1 つのアーカイブにフォーカスすることも、大量のデータを処理することも可能です。

7.2.1. States (状態)

管理目的として、ルールは以下の有効な状態 4 つの中の 1 つに設定することができます。

  • Active: Master ブランチにプッシュされ、prod に入り、コンテンツが承認されたルール。この状態のルールのみが唯一お客様に表示されます。
  • Needs Content: システムが特定したプラグインは Master ブランチに入っており、ヒットが確認されているが、それらに対するエントリーやコンテンツが記載されていない
  • Inactive: Needs Content からルールが作成されると、デフォルトで Inactive に移動されます。Inactive は、ルールの書き込み時や、顧客の目に触れないように Active なルールを一時的に削除する際に、さらに作業の完了が必要な場合にステージングエリアとして使用できます。
  • Retired: すでに使用されていないプラグインまたはエラー情報。この状態のルールは削除できます。

7.2.2. 表示される情報

以下の情報がルールごとに一覧で利用できます。

  • Error Key: プラグインが検出の警告の際に渡すリターンキー
  • Plugin - Master ブランチに配置されているプラグインの名前。例: plugin.swappiness == plugins/swappiness.py
  • Description: 問題のドリルダウンの際に顧客に表示される 50 文字のタイトル
  • Category: Security、Stability、Performance.
  • Severity: Warn、Error、Info.
  • Count: ルールが最後に実行された時にプラグインが検出されたホストの数
RH access insights rules

7.3. System タブ

Systems タブは、お使いのシステムの問題の検出に役立ちます。このタブでは、システムのホスト名、最後のチェックイン時間、ステータスが表示されます。アクションが必要な全システムは 画像 (Actions) で、問題なく機能中でアクションが必要のない全システムは 画像 (No Actions) で一覧をフィルタリングできます。また、Groups のドロップダウンリストを使用して一覧をフィルタリングすることも可能です。

RH access insights systems

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。