Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat CloudForms

セルフサービスユーザーインターフェースの概要

Red Hat CloudForms 4.5

Red Hat CloudForms セルフサービスユーザーインターフェースの概要

Red Hat CloudForms Documentation Team

概要

本書では、Red Hat CloudForms のセルフサービスユーザーインターフェースで利用可能なオプションについて概説します。
本ガイドを改善するためのご意見やご提案をお寄せいただく場合、またはエラーを発見された場合には、http://bugzilla.redhat.comRed Hat CloudForms Management EngineDocumentation コンポーネントを指定して、Bugzilla レポートを提出してください。セクション番号、ガイド名、CloudForms のバージョンなど具体的な情報を記載していただけると、より迅速に対応することができます。

第1章 Red Hat CloudForms セルフサービス

Red Hat CloudForms セルフサービスは、IT サービス要求をオーバーおよび管理するための Web ベースのグラフィカルユーザーインターフェースです。セルフサービステナントのエンドユーザーを有効化すると、ウィジェット/ダッシュボードの制御やフィードバックの機能を実装したセルフサービスユーザーインターフェース (SSUI) を使用して、サービスへのアクセス、要求のトラッキング、アカウントの管理を容易に行うことができます。セルフサービスユーザーインターフェースは、完全な管理ユーザーインターフェースと同様に、メニューおよび機能のロールベースアクセス制御をサポートしています。

注記

ユーザーがカタログ項目、ダイアログ、ボタン、アイコン、およびその他の項目を使用できるようにするには、それらをすべて、完全な管理ユーザーインターフェース内であらかじめ設定しておく必要があります。

第2章 セルフサービスユーザーインターフェースへのアクセス

セルフサービスユーザーインターフェースはデフォルトで実行されており、起動や設定をする必要はありません。セルフサービスユーザーインターフェースにアクセスするには、アプライアンスのホスト名 (または IP address) およびログインの認証情報を知っている必要があります。

セルフサービスの URL:

https://HOSTNAME/self_service/

セルフサービスログイン画面

セルフサービスユーザーインターフェースで使用する言語は、ログイン画面の 言語 から選択することができます。使用可能な言語は EnglishEspañol (スペイン語)、Français (フランス語)、日本語Nederlands (オランダ語), Português (ポルトガル語)、および简体中文 (簡体字中国語) になります。また、User DefaultBrowser Default オプションはそれぞれ、ユーザーまたはブラウザーで設定した言語になります。

注記

セルフサービスユーザーインターフェースのログインページには、デフォルトで 管理者ユーザーが含まれています。

第4章 ダッシュボードタブ

セルフサービスユーザーインターフェースにログインすると、デフォルトでダッシュボードの画面が表示されます。ダッシュボード タブには、利用可能なサービス、実行した要求の件数およびそれらのステータスが以下のように表示されます。

  • サービス合計数
  • 現在有効なサービス
  • リタイア予定のサービス
  • リタイア済みのサービス
  • 要求の合計数
  • 保留中の要求
  • 承認済みの要求
  • 拒否済みの要求

ダッシュボードタブ

月額 - 今月
セルフサービスインターフェースでは、リソース使用におけるコンピューティングおよびストレージ費用について月間の請求額を、完全な管理ユーザーインターフェースで対応している通貨で表示できるようになっています。これにより、当月の現時点までの費用を簡単に確認することができます。完全な管理ユーザーインターフェースでのチャージバックレートの設定と Red Hat CloudForms がチャージバック費用を計算する方法についての詳細は、『Monitoring, Alerts, and Reporting』ガイドの「Chargeback」を参照してください。
注記

当月の初日の場合はデータがなく、費用がゼロになることもあります。また、データが豊富にあっても、新しい月に移されていない場合は今月のデータがないことになり、費用もゼロになります。

第5章 マイサービスタブ

マイサービス タブには、利用可能なサービスが、サービス名、アイコンで表示される現在の 電源状態仮想マシン数所有者作成 および リタイヤの 日付など、各サービスに関連付けられた情報の概要とともに表示されます。さらに、仮想マシンの過去 1 ヶ月の使用量に対するサービス別チャージバックコストも表示できます。エンティティーや 相対費用 毎にサービスをフィルタリングしたり、分類することができます。

同じ画面で、サービス名と説明の編集、タグの編集、所有者の編集、今すぐサービスのリタイヤ、あとでリタイヤ、サービスの削除などのオプションが表示されます。サービスの隣にある ...(ドット 3 つで表示) の詳細オプションをクリックして、仮想マシンに対する電源操作を行うこともできます。

sui サービス

これらのタスクの大半は、一括で実行することができます (サービス詳細の編集および電源操作以外)。これには、複数のサービスを選択して、画面の右隅にある必要なタスク向けのボタンをクリックしてください。

サービスをクリックして、関連する仮想マシンやスナップショット、関係データの情報など詳細を表示します。さらに、リソース で、仮想マシンの名前をクリックして、プロパティーを表示し、リソースレベルの電源操作を実行することができます。スナップショット またはカメラ カメラアイコン アイコンをクリックして、スナップショットページに移動し、設定 ボタンを使用してスナップショットを作成または削除したり、利用可能なスナップショット一覧を表示したりできます。スナップショットとは、特定の時間の仮想マシンの全体的な状態をキャプチャーした仮想マシンディスクファイル (VMDK) のコピーのことです。... (3 つのドットで表示) の下にある 戻す を使用して、スナップショットを作成したときの以前の状態に仮想マシンを戻します。

5.1. HTML5 コンソールへのアクセス

以下の手順に従い、HTML5 コンソールを使用して仮想マシンにアクセスします。このコンソールは、仮想マシンと直接対話できるようにするリモートコントロールシステムです。

  1. サービス 画面から必要なサービスをクリックします。
  2. リソース で、仮想マシンの横にある アクセスボタン ボタンをクリックして、Open HTML5 Console を選択します。 ssui access console nb

Web ブラウザーの新しいウィンドウに HTML5 コンソールが開きます。コンソールにアクセスするには、お使いのブラウザーのポップアップ設定を場合によっては有効化する必要がある点に注意してください。

5.2. サービスのリタイヤ日の設定

以下の手順に従い、後ほどサービスをリタイヤする日程をスケジュールします。今すぐサービスをリタイヤする方法については「サービスのリタイヤ」を参照してください。

  1. サービス 画面から、リタイヤをスケジュールする必要のあるサービスをクリックします。
  2. 画面の右上隅にある Service Retire Button ボタンをクリックしてから リタイヤ日の設定 を選択します。サービスのリタイヤのスケジュール ウィンドウが表示されます。 ssui schedule service retirement
  3. リタイヤ日 を設定します。
  4. 一覧から リタイア警告 を選択します。
  5. 保存 をクリックします。

5.3. サービスのリタイヤ

サービスをすぐにリタイヤする場合は以下の方法に従います。あとでサービスをリタイヤする場合は「サービスのリタイヤ日の設定」を参照してください。

  1. サービス 画面から、今すぐリタイヤをするサービスをクリックします。
  2. 画面の右上隅にある サービスのリタイヤボタン ボタンをクリックして、リタイヤ を選択します。アクションを確定するための サービスを今すぐリタイヤ ウィンドウが表示されます。 ssui retire service now
  3. はい。今すぐサービスをリタイアします。 をクリックします。

5.4. サービスの所有者の設定

以下の手順に従い、サービスの所有者を設定します。

  1. サービス 画面から、所有者を設定するサービスの隣にある詳細オプションをクリックしてから、所有者の設定 をクリックします。または、サービスをクリックします。画面の右上隅にある ssui service settings button ボタンをクリックしてから、所有者の設定 を設定します。 ssui set service ownership
  2. 一覧から所有者を選択します。
  3. 一覧からグループを選択します。
  4. 保存 をクリックします。

5.5. タグの追加および編集

以下の手順に従い、サービスにタグを追加、あるいはサービスのタグを編集します。

  1. サービス 画面から、タグを追加または編集するサービスの隣にある詳細オプションをクリックしてから、タグの編集 をクリックします。または、サービスをクリックします。画面の右上隅にある ssui edit tags button ボタンをクリックしてから タグの編集 をクリックします。 ssui add edit tags
  2. タグを追加するには、一覧から値およびタグカテゴリーを選択して、キャプチャー画面にある青いプラス (+) サインをクリックします。
  3. タグを編集するには、カテゴリーに割り当てられた値を変更するだけです。または、タグの x サインをクリックして、既存のタグを削除します。
  4. 保存 をクリックします。

5.6. サービスの削除

以下の手順に従い、サービスを削除します。

  1. サービス 画面から、削除するサービスの横にある詳細オプションをクリックして、削除 をクリックします。画面の右上隅にある ssui service settings button ボタンをクリックしてから、削除 を選択すると確認画面が表示されます。
  2. はい。サービスを削除します。 をクリックします。

5.7. サービスの削除

以下の手順に従い、サービスの名前や説明を編集します。

  1. サービス 画面から、編集するサービスの横にある詳細オプションをクリックして、編集 をクリックします。画面の右上隅にある ssui service settings button ボタンをクリックしてから、編集 を選択すると サービスの編集 画面が表示されます。
  2. 必要に応じてサービス名および説明を編集します。 ssui edit service
  3. 保存 をクリックします。

5.8. Cockpit 統合

Cockpit は、インタラクティブな Linux サーバーの管理インターフェースです。コンテナーの開始、ストレージ管理、ネットワーク設定およびログの検査などの簡単な管理タスクが実行できます。Cockpit を使用すると同時に複数のサーバーを監視および管理できる一方で、ブラウザーは Cockpit サービスを実行するプライマリーサーバーに接続します。このサービスからは別のサーバーに接続を確立することができます。

Red Hat CloudForms の完全な管理インターフェースとセルフサービスユーザーインターフェースでは、既定の仮想マシン用に Cockpit インターフェースにアクセスできるようになっています。

5.8.1. Cockpit インターフェースへのアクセス

注記

Cockpit は事前設定して仮想マシンで実行する必要があります。

アクセスボタン ボタンから仮想マシンの Cockpit コンソールを表示できます。

  1. サービス 画面から、Cockpit を表示する仮想マシンに関連付けられているサービスをクリックします。
  2. リソース で、仮想マシンの横にある アクセス をクリックして、Cockpit コンソールを開く を選択します。Cockpit インターフェースが読み込み中であることを示す通知が表示されます。
  3. 仮想マシンの Cockpit インターフェースが別ウィンドウで開きます。ブラウザーがセキュリティー警告を表示する場合は、この接続をセキュリティー例外に追加します。Advanced → Add Exception → Confirm Security Exception とクリックします。するとログイン画面が表示されます。 Cockpit Login
  4. ログインすると、ダッシュボードのタブと Cockpit に追加された個別マシンが確認できます。 Cockpit UI

第6章 オーダータブ

オーダー タブには、サービスカタログ から追加されたサービスのショッピングカードの全オーダーが表示されます。また、オーダー番号、リクエスター、注文日、アイテム番号など、各オーダーのサマリーも表示されます。オーダー番号の隣の矢印をクリックすると、オーダーに関連付けられたリクエストや、リクエスト ID、承認/却下の状況、リクエストの現在の状態など追加の詳細が表示されます。画面のジョブにあるボタンを使用して、ページに表示されているオーダーをフィルタリングまたはソートすることができます。

Orders Tab

オーダーの隣りにある詳細オプション (3 つのドットで表示) をクリックして、オーダーを 複製 または 削除 します。

第7章 サービスカタログタブ

サービスカタログ タブには、全サービスカタログ項目の一覧がタイルとして表示されます。ユーザーがそれらの項目にアクセスするには、管理ユーザーインターフェースで予め設定しておく必要があります。サービスカタログ項目は、名前説明カタログ名 でフィルタリングしたり、並べ替えたりすることができます。

Service Catalog

サービスおよび仮想マシン名 およびサービスに関連付けられた VM Characteristics の下にあるダイアログフィールドで要求した情報を入力するページに移動するには、サービスをクリックします。セルフサービスユーザーインターフェースに、動的なダイアログ要素を追加できるようになった点に注意してください。つまり、Red Hat CloudForms がインスタンスやメソッドと通信し、必要な情報を取得して、動的にフィールドに値を入力できるように特定のダイアログフィールドが追加されました。ダイアログフィールドに全情報を入力したら、ショッピングカートに追加 をクリックします。

ショッピングカートモデル:

セルフサービスユーザーインターフェースでは、ショッピングカートモデルを採用しており、サービスを即時にオーダーする代わりにこのカートを利用することができます。画面上部のショッピングカートのアイコンをクリックすると、ショッピングカートに追加済みのオーダー可能な全サービスが表示されます。必要な場合には特定のサービスをカートから削除することが可能です。また、カート内の全サービスを一度にオーダーしたり、まとめて消去して終了することもできます。

Shopping Cart

同じアイテムで ショッピングカートに追加 をクリックすると、同じアイテムがカートにあることを伝える警告がポップアップウィンドウに表示され、それでも追加するかどうか聞かれます。

Duplicate Item in the Shopping Cart