第25章 Certificate System のサブシステムパッケージの削除

多くのサブシステム関連のパッケージと依存関係が Red Hat Certificate System とともにインストールされます。一覧は 「Certificate System パッケージ」 に記載されています。サブシステムを削除すると、その特定のサブシステムに関連するファイルおよびディレクトリーのみが削除されます。このインスタンスが使用する、実際にインストールされているパッケージは削除されません。Red Hat Certificate System またはそのサブシステムの 1 つを完全にアンインストールするには、yum のようなパッケージ管理ツールを使用して、各パッケージを個別に削除する必要があります。
個々の Certificate System サブシステムパッケージをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。
  1. 関連するサブシステムをすべて削除します。以下に例を示します。
    pkidestroy -s CA -i pki-tomcat
  2. uninstall ユーティリティーを実行します。以下に例を示します。
    yum remove pki-subsystem_type
    サブシステムタイプは、cakraocsptks、または tps です。
  3. その他のパッケージおよび依存関係を削除するには、yum を使用して、パッケージを具体的に削除します。インストールされているパッケージの完全なリストは、「Certificate System パッケージ」 を参照してください。