17.3.3.2. デバッグログファイルのローテーション設定

Certificate System は、デバッグログをローテーションできません。デバッグロギングはデフォルトで有効になり、これらのログはファイルシステムが満杯になるまで増加します。logrotate などの外部ユーティリティーを使用してログをローテーションします。

例17.3 logrotate を使用したデバッグログのローテーション

以下の内容で /etc/logrotate.d/rhcs_debug などの設定ファイルを作成します。
/var/log/pki/instance_name/subsystem/debug {
     copytruncate
     weekly
     rotate 5
     notifempty
     missingok
}
1 つの構成ファイルで複数のサブシステムのデバッグログをローテーションするには、ログへのパスを空白で区切って、中括弧の前にリストします。以下に例を示します。
/var/log/pki/instance_name/ca/debug /var/log/pki/instance_name/kra/debug {
     ...
}
logrotate および例で使用されているパラメーターの詳細は、logrotate(8) の man ページを参照してください。