2.2.4.5. 証明書システムコンソールの起動

CA、KRA、OCSP、および TKS サブシステムには、管理機能を実行するための Java インターフェースがあります。KRA、OCSP、および TKS では、ユーザーおよびグループのログ設定や管理など、非常に基本的なタスクが含まれます。CA の場合は、証明書プロファイルの作成や公開の設定など、その他の設定が含まれます。
pkiconsole ユーティリティーを使用して SSL/TLS ポート経由でサブシステムインスタンスに接続すると、コンソールが開きます。このユーティリティーは、以下の形式を使用します。
pkiconsole https://server.example.com:admin_port/subsystem_type
subsystem_type は、cakraocsp、または tks です。たとえば、これにより KRA コンソールが開きます。
pkiconsole https://server.example.com:8443/kra
DNS が設定されていない場合は、IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスを使用してコンソールに接続できます。以下に例を示します。
https://192.0.2.1:8443/ca
https://[2001:DB8::1111]:8443/ca