2.3.5. JSS

Java Security Services (JSS) は、NSS が実行する暗号化操作の Java インターフェースを提供します。Certificate System アーキテクチャーの JSS 以降は、Java Virtual Machine (JVM) 内からネイティブシステムライブラリーへのアクセスを提供する Java Native Interface (JNI) で構築されます。この設計により、システムの一部として配布される NSS などの FIPS で承認された暗号化プロバイダーを使用できます。JSS は、NSS でサポートされるセキュリティー標準および暗号化技術の多くに対応しています。JSS は、ASN.1 タイプと BER-DER エンコードの純粋な Java インターフェースも提供します。