2.3.13. セルフテスト

Red Hat Certificate System は、起動時またはオンデマンド、あるいはその両方で PKI システムの整合性をチェックできるセルフテストフレームワークを提供します。クリティカルでない自己テストに失敗すると、メッセージはログファイルに保存されますが、重大なセルフテストに失敗すると、メッセージはログファイルに保存されますが、Certificate System サブシステムは適切にシャットダウンします。管理者は、起動時にセルフテストレポートを確認する場合、サブシステムの起動時にセルフテストログを監視する必要があります。起動後にログを表示することもできます。
セルフテストの失敗によりサブシステムがシャットダウンすると、自動的に無効になります。これは、サブシステムが部分的に実行されなくなり、誤解を招く応答を生成するために行われます。問題が解決されると、サーバーで以下のコマンドを実行してサブシステムを再度有効にできます。
# pki-server subsystem-enable <subsystem>
セルフテストの設定方法の詳細は、「セルフテストの設定」を参照してください。