11.3. LDAP ベースの登録プロファイルの有効化

LDAP ベースのプロファイルでインストールするには、pkispawn 設定ファイルの [CA] セクションに pki_profile_in_ldap=True オプションを設定します。
注記
この場合、プロファイルファイルは /var/lib/pki/instance_name/ca/profiles/ca/ に引き続き表示されますが、無視されます。
既存のインスタンスで LDAP ベースのプロファイルを有効にするには、インスタンスの CS.cfg で以下を変更します。
subsystem.1.class=com.netscape.cmscore.profile.LDAPProfileSubsystem
次に、pki コマンドラインユーティリティーまたはカスタムスクリプトを使用して、プロファイルを手動でデータベースにインポートします。