2.4.2. 証明書の更新

証明書が有効期限に達すると、失効を許可するか、更新することができます。
更新 は、その証明書の既存の鍵ペアを使用して証明書要求を再生成し、要求をCertificate Manager に再送信します。更新された証明書は、1 つの例外を除いて、元の証明書と同じです (同じプロファイルから同じキーマテリアルを使用して作成されたため)。有効期限は異なり、遅くなります。
更新された証明書は古い証明書とまったく同じように機能するため、更新により、証明書の管理とユーザーとサーバー間の関係がはるかにスムーズになります。ユーザー証明書の更新により、暗号化されたデータには失われなくてもアクセスすることができます。