16.3.2. キーリカバリーフォームのカスタマイズ

デフォルトのキーエージェントスキームでは、キーリカバリー機関エージェントグループの単一のエージェントがキーリカバリーの承認を担当する必要があります。
キーリカバリー形式の外観をカスタマイズすることもできます。キーリカバリーエージェントには、キーリカバリープロセスを開始するための適切なページが必要です。デフォルトでは、KRA のエージェントサービスページには、キーリカバリーエージェントがキーリカバリーを開始し、キーリカバリー要求を承認し、暗号化キーを取得できるようにする適切な HTML フォームが含まれています。このフォームは、/var/lib/pki/pki-tomcat/kra/webapps/kra/agent/kra/ ディレクトリーに、confirmRecover.htmlという名前であります。
重要
キーリカバリーの確認フォームをカスタマイズするには、応答を生成するための情報を削除しないでください。これは、フォームの機能に不可欠です。コンテンツへの変更とフォームの表示を制限します。