2.4.3. 証明書および CRL の公開

証明書はファイルおよび LDAP ディレクトリー、CRL をファイル、LDAP ディレクトリー、および OCSP レスポンダーに公開できます。公開フレームワークは、3 つのすべての場所に公開するための堅牢なツールセットを提供し、証明書や CRL を公開する場所をより詳細に定義するルールを設定します。