5.5.2. 物理セキュリティーと場所を考慮事項

それらが保持する機密データのため、CA、KRA、および TKS を適切な物理的アクセス制限のある安全な施設に保管することを検討してください。システムへのネットワークアクセスを制限する必要があるのと同様に、物理アクセスも制限する必要があります。
安全な場所を見つけることに加えて、サブシステムのエージェントと管理者への近さを考慮してください。たとえば、キーリカバリーには、複数のエージェントの承認が必要となる場合があります。これらのエージェントが広い地域に分散している場合は、時間差がキーの取得能力に悪影響を及ぼす可能性がある。サブシステムの物理的な場所を計画し、次にサブシステムを管理するエージェントと管理者の場所に従って計画します。