Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.5. キー管理

証明書を発行する前に、その証明書に含まれる公開鍵と、対応する秘密鍵を生成する必要があります。1 人の人間に、署名操作用の証明書と鍵のペアを発行し、暗号化操作用に別の証明書と鍵のペアを発行するのが便利な場合もあります。個別の署名証明書と暗号化証明書は、秘密署名キーをローカルマシン上にのみ保持し、否認防止を最大限に提供します。これは、ユーザーが元のキーを紛失したり会社を辞めたりした場合に、秘密暗号化キーを取得できる中央の場所にバックアップするのにも役立ちます。
鍵はクライアントソフトウェアにより生成したり、CA が集中して生成されたり、LDAP ディレクトリーを介してユーザーに配布したりできます。どちらの方法にも関わるコストが発生します。ローカルキーの生成により、否認防止が最大になりますが、発行プロセスへのユーザーの参加が増える可能性があります。柔軟なキー管理機能は、ほとんどの組織にとって不可欠です。
鍵リカバリー、または、定義した条件下で暗号鍵のバックアップを取得する機能は、組織が証明書を使用する方法に応じて、証明書管理に不可欠であることがあります。一部の PKI 設定では、暗号化キーを回復する前に、許可された状況で正当な所有者にのみキーが回復されるように、複数の許可された担当者が同意する必要があります。情報を暗号化するときに鍵を復元する必要がある場合があります。また、失われたキーのみが復号化できます。