13.2.2. 設定ファイルの編集

警告
設定パラメーターに精通していない場合や、変更がサーバーに許容されていることを認識せずに、設定ファイルを直接編集しないでください。構成ファイルが正しく変更されていないと、Certificate System は起動に失敗します。設定が間違っていると、データが失われる可能性があります。
CS.cfg ファイルを修正するには、以下を実行します。
  1. サブシステムインスタンスを停止します。
    systemctl stop pki-tomcatd@instance_name.service
    または
    systemctl stop pki-tomcatd-nuxwdog@instance_name.service (if using nuxwdog watchdog)
    設定ファイルは、インスタンスの起動時にキャッシュに保存されます。コンソールを介してインスタンスに加えた変更は、ファイルのキャッシュバージョンに変更されます。サーバーが停止または再起動されると、キャッシュに保存されている設定ファイルがディスクに書き込まれます。設定ファイルを編集する前にサーバーを停止すると、サーバーが停止するとキャッシュバージョンの変更が上書きされます。
  2. /var/lib/pki/instance_name/subsystem_type/conf ディレクトリーを開きます。
  3. テキストエディターで CS.cfg ファイルを開きます。
  4. ファイル内のパラメーターを編集して、変更を保存します。
  5. サブシステムインスタンスを開始します。
    systemctl start pki-tomcatd@instance_name.service
    または
    systemctl start pki-tomcatd-nuxwdog@instance_name.service (if using nuxwdog watchdog)