13.6. Web サービスのカスタマイズ

すべてのサブシステム (TKS を除く) には、エージェント用の Web ベースのサービスページや、その他のロール (管理者やエンドエンティティーなど) 用の Web ベースのサービスページがあります。これらの Web ベースのサービスページは基本的な HTML や JavaScript を使用しており、既存のサイトやイントラネットに合わせて、さまざまな色、ロゴ、その他のデザイン要素を使用するようにカスタマイズできます。

13.6.1. サブシステム Web アプリケーションのカスタマイズ

各 PKI サブシステムには以下が含まれる対応する web アプリケーションがあります。
  • テキスト、JavaScript コード、ページレイアウト、CSS フォーマットなどを含む HTML ページ
  • サーブレット、パス、セキュリティー制約などを定義する web.xml ファイル
  • PKI ライブラリーへのリンク。
サブシステムの Web アプリケーションは、/var/lib/pki/pki-tomcat/conf/Catalina/localhost/ のディレクトリーにあるコンテキストファイル (ca.xml ファイル など) を使用してデプロイされます。
<Context docBase="/usr/share/pki/ca/webapps/ca" crossContext="true" allowLinking="true">
    ...
</Context>
docBase は、デフォルトの Web アプリケーションディレクトリーである /usr/share/pki/ の場所を参照します。
Web アプリケーションをカスタマイズするには、Web アプリケーションディレクトリーをインスタンスの webapps ディレクトリーにコピーします。
$ cp -r /usr/share/pki/ca/webapps/ca /var/lib/pki/pki-tomcat/webapps
次に、webapps ディレクトリーから相対的なカスタムの Web アプリケーションディレクトリーを参照するように、docBase を変更します。
<Context docBase="ca" crossContext="true" allowLinking="true">
    ...
</Context>
変更は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。
カスタム Web アプリケーションを削除するには、docBase を元に戻し、カスタムの Web アプリケーションディレクトリーを削除します。
$ rm -rf /var/lib/pki/pki-tomcat/webapps/ca