13.2.3.8. PKI タスクの設定

CS.cfg ファイルは、すべてのサブシステムに PKI タスクを設定するのに使用されます。パラメーターは、重複のないサブシステムごとに異なります。
たとえば、KRA には、鍵を復元するために必要な数のエージェントの設定があります。
kra.noOfRequiredRecoveryAgents=1
各サブシステムの CS.cfg ファイルを確認して、PKI タスク設定について理解してください。ファイル内のコメントは、さまざまなパラメーターが何であるかを学習するための適切なガイドです。
  • CA 設定ファイルには、すべての証明書プロファイルおよびポリシー設定と、CRL を生成するルールが一覧表示されます。
  • TPS は、さまざまなトークン操作を設定します。
  • TKS は、さまざまな鍵タイプからの鍵を取得するプロファイルを一覧表示します。
  • OCSP は、さまざまな鍵セットの鍵情報を設定します。