13.2.3.2. ログ設定

サブシステムのタイプによって、設定可能なログにはいくつかのタイプがあります。各タイプのログには、CS.cfg ファイルに独自の設定エントリーがあります。
たとえば、CA にはトランザクションログ用のこのエントリーがあります。これにより、ログローテーション、バッファーログ、ログレベルなどの設定が可能になります。
log.instance.Transactions._000=##
log.instance.Transactions._001=## Transaction Logging
log.instance.Transactions._002=##
log.instance.Transactions.bufferSize=512
log.instance.Transactions.enable=true
log.instance.Transactions.expirationTime=0
log.instance.Transactions.fileName=/var/log/pki/pki-tomcat/ca/logs/transactions
log.instance.Transactions.flushInterval=5
log.instance.Transactions.level=1
log.instance.Transactions.maxFileSize=2000
log.instance.Transactions.pluginName=file
log.instance.Transactions.rolloverInterval=2592000
log.instance.Transactions.type=transaction
これらのパラメーターとその値の詳細は、「証明書システムログの設定」 を参照してください。監査ログが有効になっている限り、これらの値はコンプライアンスには影響しません。