13.2.3.6. データベース設定

すべてのサブシステムは LDAP ディレクトリーを使用してそれらの情報を保存します。この内部データベースは internaldb パラメーターで設定されますが、その他の多くの設定を持つ tokendb パラメーターで設定した TPS を除きます。
internaldb._000=##
internaldb._000=##
internaldb._001=## Internal Database
internaldb._002=##
internaldb.basedn=o=pki-tomcat-ca-SD
internaldb.database=pki-tomcat-ca
internaldb.maxConns=15
internaldb.minConns=3
internaldb.ldapauth.authtype=SslClientAuth
internaldb.ldapauth.clientCertNickname=HSM-A:subsystemCert pki-tomcat-ca
internaldb.ldapconn.host=example.com
internaldb.ldapconn.port=11636
internaldb.ldapconn.secureConn=true
internaldb.multipleSuffix.enable=false
LDAP のセキュアな設定とパラメーターの説明は、「TLS クライアント認証の有効化」 を参照してください。「TLS クライアント認証の有効化」 の一部として行われること以外に追加の構成は必要ありません。