10.7.2. OCSP クローンの変換

  1. OCSP マスターが稼働している場合は停止します。
  2. 既存のマスター OCSP 設定ディレクトリーを開きます。
    cd /etc/instance_name
  3. CS.cfg を編集し、OCSP.Responder.store.defStore.refreshInSec パラメーターを 21600 にリセットします。
    OCSP.Responder.store.defStore.refreshInSec=21600
  4. オンラインのクローン作成された OCSP サーバーを停止します。
    systemctl stop pki-tomcatd@instance_name.service
  5. クローン作成された OCSP レスポンダーの設定ディレクトリーを開きます。
    cd /etc/instance_name
  6. CS.cfg ファイルを開き、OCSP.Responder.store.defStore.refreshInSec パラメーターを削除するか、値をゼロ以外の数値に変更します。
    OCSP.Responder.store.defStore.refreshInSec=15000
  7. 新規マスター OCSP レスポンダーサーバーを起動します。
    systemctl start pki-tomcatd@instance_name.service